0

人生、自分が望まないことをする時間はない!

山の日っていうのが出来たんですね。
夏休み中なので、あまりインパクトがない休日ですが、でも、ある人たちにとっては忘れられない日に違いありません。
御巣鷹山に日航機が墜落したというのが、山の日の原点にあるからです。
日航機墜落事件の記憶はだんだん薄れつつありますが、私にとっては別のからみで記憶に残る日となっています。
やはり、人の命とからんで。

私の祖父はこの日、危篤になって、その年の8月15日になくなりました。
「じいちゃんが危ないんだって!」という知らせが入って、父とは母、即刻病院に行きました。その直後、見ていたテレビ放送が中断されて突然テレビ番組がすべて変更になって、御巣鷹山に飛行機が墜落裂いたらしい、という知らせが入ってきました。
他人事とは思えぬ、大惨事でした。
時々刻々と伝えられる惨事の様子に恐怖を覚えました。

ですから、この山の日または旧盆が近づいて、御巣鷹山の飛行機事件のことが報道されるたびに、この時のこと、そして祖父のことを思い出すのです。

私の祖父は小学校の校長をしていました。けれども、今で言う早期退職をしました。
今ではリストラとか、いろいろな事情で早く退職をするという人もおられますが、当時ではとても珍しかったそうです。
なんで、早くに学校を辞めたかというと、絵を描きたかったからなんです。

祖父は「雪嶺」という名で絵を描いていました。
小学校の教科書では「世界一の豪雪地帯」と紹介されるところに住んでいましたので、「雪」の名を入れてもちっともおかしくはないのですが、この「雪」は、日本画家(水墨画家)の「雪舟」にちなんで付けたもののようです。

雪舟は、室町時代の人ですが、子どもの頃、寺の小僧をしておりました。
しかし、お経はちっとも覚えず、絵を描いて遊んでばかりいました。
それを見かねた僧侶は雪舟に、「今後、一切、絵を描いてはならぬ」ときつく言い渡しました。
けれども、雪舟は絵を描くことを止めることが出来ませんでした。
とうとう僧侶は、お仕置きとして、本道の柱に雪舟を縛り付けました。
雪舟は悲しくて、涙を落としましたが、思わずその涙を足の指につけて、ねずみの絵を描いてしまったというのです。
そして、このねずみの絵は素晴らしい出来栄えで、本物のネズミと見間違うほどのものでした。
それ以来、僧侶は雪舟が絵を描いても何もいわなくなったそうです。

この雪舟にあやかって、絵を描くことに集中するために、小学校の先生を辞めたらしい・・・のです。

祖父の描いた絵は今もたくさん残っていて、実家の床の間に飾ってあったりします。
そんな絵を眺めていると「人生は短いのだぞ、好きなことをして生きろ」と語りかけられているような気がするのです。
人生って、本当に短い時間ですね。それも、いつ終わるかわかりません。
乗っていた飛行機が突然墜落して・・・なんてことも考えられないことではありません。

好きなことだけして、遊んで暮らせる―などと甘ったれた考えを提唱しているわけではありません。
人に頼まれたことや、キライなことばかりして、そして、それを環境や人のせいにして、
自分が願ったことがひとつも出来なかったというのは、残念なことです。

10年後、「あんなことして失敗したなあ・・・」と思うより、
「あれをやっておけばよかったなあ」と思って悔いることの方が多いのではないか、と思います。
悔いのない日々を、私も!