0

無視されて・・・悲しんでいる方へ

人生はいろんなことがありますね。

ここ最近、いろんなことがありすぎて、すっかりご無沙汰してしまいました。

決まった日に記事を書くことが出来ない・・・と言うのも自己管理が出来ていない、私の特徴をよくあらわしているでしょう!

無視される悲しみ

最近私の身近なところで、悲しみに沈んでいる人がいます。お若い方ですが、親しかった友人から見向きもされなくなった、ということで落ち込んでいます。

こういうことは・・・よくある?のではないでしょうか。

私も、幾度となく同じような体験をしてきました。未だに癒えない傷跡のように無数の痕が残っているといってもよいかもしれません。

今日も職場で、休憩時間に雑談をしていましたら、中学生の息子さんが最近スマホを買った、と言う話から始まりまして、こんな話しになりました。

ラインにはまっているようなのだけれど、グループラインで話しをしていて、「既読」になっているのに、誰からもレスポンスがない!と気にしている。それで、四六時中スマホを手にとっている、と。

困ったものだ・・・と。

しかし、これは中学生の息子さんに限ったことではなく、同じことが、全世代で起こるのではないでしょうか。

息子の姿を見てそう話している母親も、もし、同じ状況に置かれたら、きっと自分の投稿がどうなったか、反応がどうでたか・・・ある程度は気にすることでしょう。

私が参加している、説教者ばかりのメーリングリストがあるのですが、そこでは様々なディスカッションがなされます。そして、一番空しいのは、投稿しても何の反応もないことだと、誰もが言います。

無視される、自分の存在が軽んじられる・・・これは、誰にとっても不快なことだと思います。まして、信頼していた友人、友達だと思っていた人から無視されるというのは、とっても辛いことだと思います。

無視された?もしかしたら、それは誤解かも

「自分は無視されている!」「自分の存在は軽んじられている!」

そんな風に思うことがあるかもしれません。ですが、早々に決め込んで落ち込んだり、自棄(ヤケ)になったりすることがあるかもしれません。

けれども、ちょっと冷静に立ち止まって考えてみるのも大事ですよ。

ラインの返信がないからと言って、イライラしたり、落ち込んだり、やたらに発信をしたり・・・。余計なところにエネルギーを費やして、かえって周囲に不快な思いをさせて、話しをややこしくしているかもしれません。

相手から返信がないのは、食事中だからかもしれないし、宿題をしているのかもしれないし、体調を崩してもう寝てしまったからかもしれません。決して、あなたを無視しているのではない、別な事情があるだけのことかもしれません。

ですから、「自分は無視されている」と早々に決め込まずに、まずは立ち止まって、冷静に受け止めなおしてみる余裕を持つことをお勧めします。

それでも、やっぱり・・・だめな場合

話しかけ、対話を試み、色んな努力はしたけれど、やっぱり、どうもだめらしい・・・と言うこともあるでしょう。

ええ!ありますとも。無視されること、ありますよ。

でも、落ち込まないで下さい。その人から相手にされないことは、そんなに悪いことですか? 一人でいることは悪いことですか?

そんなことはないですよ、ひとりで黙々と自分の道を突き進めることはすごいことです。休み時間に、友達と群れずとも、ひとりで堂々と時間を過ごすことができるということも、素晴らしいことです。

ディートリッヒ・ボンヘッファーという神学者がおりました。1945年にナチに絞首刑を言い渡されて死刑になっています。大変優れた神学者であり,信仰者でありました。

彼が書いた「共に生きる生活」という本の中に、こういう文章があります。

「神よ、人はシオンにて,沈黙してあなたをほめたたえるであろう」(詩篇65編2節)

多くの人は、一人でいることを恐れて、交わりを求める。彼らは、もはや独りでいることに耐えられなくて、その焦燥感が彼らを人々の中へと駆り立てるのである。自分ひとりでいることの出来ないキリスト者や、自分自身で気まずい経験をしたキリスト者もまた、他の人たちとも交わりの中で、助けを与えられたいと願うのである。たいていの場合、彼らは幻想を打ち砕かれ、そこで本当な自分自身の責任であるのに、非難の矛先は交わりへと向けられるのである。・・・ひとりでいることの出来ない者は、交わりに入ることに用心しなさい。・・・交わりの中にいない者は、ひとりでいることに用心しなさい。あなたは教会の中へと召されたのである。

(D.ボンヘッファー著、森野善右衛門訳、『共に生きる生活』、新教出版社、70-71頁)

われわれは、どちらかと言うと、ひとりでいることが苦手な傾向にあるのではないでしょうか?だから、絶えずスマホを手に握り締め、ラインで人々の反応を気にします。

しかし、神を礼拝する時には「ひとりきり」です。うるさいおしゃべりは不要です。ただひとり、神の前に立つのです。しかし同時に、礼拝は、大勢の仲間と共に集まって行います。ひとりではありません。そして、共に生きるのです。

このバランス感覚がとても大切です。ひとりでいること、それは、けっしてわるくないです。

 

 

0

研究費削減でお悩みの方へ

いつもの山田です。

「研究費削減でお悩みの方へ」?って一体何を言い出すんですか?って言われそうですが。

そんな読者どこにいますか―多分、どこかにおられると思います。

防衛省の研究助成費制度が本格的に始動しています。

武器輸出三原則はすでに撤廃され、海外との武器の共同開発も始まっているのです。 続きを読む

0

2016年の言葉―ポスト・トゥルース

やまだです。

いまさら、言うのも恥ずかしいくらいのタイミングですが、

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

2016年の12月31日と2017年1月1日は、くっついているんですが、

ものすごい断裂があるのを感じますね。

2016年のことを書こうとすると、ものすごい抵抗がありますが…

続きを読む

0

遠くの愛と平和より、近くの愛と平和を

あんまりTVを見る暇がなくて、世間ずれしているのではないか…と心配な山田です。

あと10日で、米国・大統領にトランプさんが就任、SMAPは解散、だってことぐらいは知っているけど。

ニュースは、ラインとかで済ますことが多いです。

海外事情は、BBCNews よく読みます。

(あ、もちろん、日本語で。)

今年も、シリア問題にとっても心が痛みました。

アレッポの町の様子 http://www.bbc.com/japanese/video-38337504

今週、和平が成ったということで、新しい局面に入ったと報道されています。

この地に平和がおとずれるように、そこに住んでいる人が、戦争の恐怖から一日も早く解放されるようにと祈らずにはおれません。

とまあ、祈るのはいいけれど、そんな自分に問題を感じないわけではありません。

遠くの平和を願うことは、やさしいのです。

また、なんだか自分が立派な人間になったみたいな気がして、悪い気もしない。

でも、それだけでは、平和を生み出す努力としては不十分だと感じるわけです。

あなたに出会った人が明るくなって帰ることができるように

20世紀の聖人にして、ノーベル平和賞も受賞しているマザーテレサは言っていました。

「あなたは、カルカッタの町に来て働かないとだめ、ということはないのです。あなたの身の回りで出来ることがないか、よく考えて。」

「親切で、いつくしみ深くありなさい。

あなたに出会った人が誰でも、前よりも気持ちよく、明るくなって帰ることが出来るようになさい。

親切があなたの表情に、まなざしに、微笑みに、温かく声をかける言葉に、表れるように。」

大切なのは、今、ここでの愛し方と、平和を生み出す努力だということです。

私が今日、出会った人が明るくなって帰ることができるようにするなんて、ささいな事かもしれません。

けれども、このようにして、ひとりひとりから生まれる愛と平和しか、世界の平和を生み出さないと言うのも、紛れも無い事実でしょう。

聖書も言っています。

「平和をつくる者は幸いです。

その人たちは神の子どもと呼ばれるから」(マタイの福音書5章9節)

そんな、私になりたい、と思う昨今でした。

0

忘れられない忌まわしい過去で苦しんでおられる方へ

未来と過去に振り回される私たち

昨日は、将来への心配について考えてみましたが、過去のことでお悩みの方、

多いと思います。

過去のことで悩む…という場合、深刻なケースも考えられます。

戦争や自然災害などで命の危険に曝されたり、虐待や性的な暴力を受けるなどの体験は、PTSD=心的外傷後ストレス障害を引き起こし、患いが続くというようなことがあるわけです。

本当に、辛いことです。

たとえ病には至らなかったとしても、

「ああ、あんなことがなければ!」というような暗い過去があって、その事を繰り返しぐるぐると考えてしまう、と言うようなことがあるのではないでしょうか?

私たちは、今、現在を精一杯生きることに集中すべきなのに、なぜか、未来や過去に振り回されてしまうー

人間にはそんな弱さがあるようです。

どうしたら、過去に振り回されることがなくなるのでしょうか?

アメリカのトップアーティスト、レディ・ガガさんが、PTSDと戦っているということを明かされました。

19歳の時にレイプされ、それ以来PTSD と戦っているそうです。

11月に、ニューヨークにある若い性的少数者のためのホームレス保護施設を慰問したときに、この事を明かされたそうです。

この忌まわしい過去を明かすのは大変な勇気を要することでした。被害に遭ってから、自分を責め続けて、7年もの間、誰にも言えなかった、と言います。

レディ・ガガさんのこの戦いについてのコメントで、私は2つのことに興味をもちました。

ひとつは、「瞑想すると落ち着きます」。

最近、脳についての研究が著しく進んでいて、(特にアメリカでは、)

うつやトラウマと言った症状は、今まで薬物治療に頼るところが大きかったのだが、それが、少しずつかわってきているらしい。

精神疾患は、すべて脳内の出来事に起因すると考えられ、磁気治療などの研究が進んでいるそう。

そして、ひとつの治療方法として、注目を集めているのが瞑想(メディテーション)なのです。

マインドフルネスという言葉を聴いたことがあるかも知れません。

これも瞑想の一種です。

アップルの創始者、スティーブ・ジョブズがその実践者だったと言われています。

また、大きなかつストレスフルな企業では、社員研修がなされ、ストレスが1/3に減り、医療費が減っただけでなく、ひとりあたりの生産性が、年間3000ドルも高まったという報告もある。

ウィキによれば、マインドフルネスというのは、「今、現在においておこっている内面的な経験と外面的な経験に注意を向ける心理的な過程」

となっている。要するに、今に集中する方法なのだ。

過去に束縛されず、未来への雑念からも解き放たれ、今を生きることに集中する心を作るらしい。

なるほど、と思いました。

そして、これが最高の休息方法であり、癒しになるのだそうだ。

祈りと瞑想は似た言葉ですが、ちょっと違います。

私は、当たり前といえば当たり前ですが、祈りという宗教的な枠組みが強く、瞑想に関しては、お線香ぐらいの考察しかない門外漢なので、このくらいでやめておきますが、

今に集中して生きるために、瞑想は役立つと思います。

さて、もうひとつ、興味を持ったのが、レディー・ガガさんのツイートです。

「私は今日、今まで一番深いところでに隠しておいた秘密のひとつを世界と共有しました。秘密にしておくと、恥だと思ってしまっていつまでも病気が治らない。」

すごい言葉だと思いました。

暗い過去を闇の中に隠して置くと、病が治らない。

しかし、光にさらすと、

それはもう暗い過去ではなくなって、光に照らされた過去になるのです。

大きな変化ではないでしょうか。

世界と共有する勇気と機会にはなかなか恵まれないかもしれません。

しかし、本当に信頼できる身近な人に、打ち明けることで、光当てられるということがあると思います。

ガガさんも医師や友人、家族にとても優しくされ、救われてきた、といっておられます。

あなたの回りにも、あなたが受けるべき愛がまだ残っているはずです。

そして、最大の愛の持ち主であり、光である神さまに打ち明けてみてはいかがでしょうか。その勇気をお持ちになることをお勧めします。

神様は廃墟をも訪れてくださる方であり、そこに座り込む人を立ち上がらせてくださいます。

また、誰よりも信頼に価する真実なお方です。

この方に信頼を寄せて裏切られることはありません。

過去からの束縛がなくなり、今与えられている生に喜んで生きることができますように。

 

 

0

不満がある方へ

あなたの回りに、いつもボヤいている人はいませんか?

何かにつけて、不満の多い人…です。

女子会やママ友の集まりなど、親密なところで、共感できる愚痴のこぼし合いになる場合はいいですが、不満の多い人は、およそ敬遠されますね。

でも、私は、不満の多い人の話を聞いていると思うんです、

「相手の欠点に、よくそんなに気がつくなあ」って。

ほぼ、感心します。

私って、ぼんやりしすぎでしょうか?

不満があるということ=悪 ではないと思います。

不満があるというのは、今の状態には満足できないということであって、理想や向上心がなければ生まれてこないものです。ですから、大いなる成長の可能性を秘めている、ということではないでしょうか。

ただ、その不満のベクトル(方向)がどこに向かうかということが、重要だと思います。

誰かのせい?

今、あなたが抱いている不満のベクトルはどこを向いていますか?

不満の矛先が、他の人や環境など、外に向いているときは、あなたの口から出てくる言葉は、他の人を攻撃する言葉だったり、責任転嫁の言い訳に聞こえたり、周囲からはかなり聞き苦しい言葉が多いでしょう。

〇〇のせい! とか、

あの時、〇〇があったからだめだった、という言葉です。

この言葉を使い続けている限りは、不満はなくならないばかりか、せっかくの成長の機会を失っていると言えます。

変えるべきは自分自身

誰かのせい、なにかのせいにしても、事態は変わりません。

人は何といっても、傷つきたくありませんから、自分が悪いということは、本能的に避けてしまうものです。

ですから、何かしらに責任転嫁をしながら、不満を言い続けるというのは、よくあることです。

でも、正直に、その不満な状況から脱出したいのなら、自分を変えることです。

他者を変えようとするのではなく、自分を変えることです。

仮に、100歩譲って、この不満な現在の状況が誰かのせいであることが、100人の口によって断言され、裁判官によってそのように判決が下されたとしましょう。

しかし、状況は同じです。

自分の人生は、自分で生きていくしかないのです。

ましてや、完全無欠であるはずのない私です。

自分を変えることによって、状況はいくらでも改善していくはずです。

傷つくのは嫌だけど…

自分の過ちも認めましょう。

これは勇気が要りますね。でも、誰かに聞かせるような反省文を発表する必要はないのですから、気楽に自分を振り返ったらよいと思います。

不満のベクトルを自分に向けて、自分を変えるのです。

できることで、やっていないことはないか?

やらずに、あきらめてしまっていることはないか?

ひとりで奮闘しているつもりになって、自分で協力を拒んでいないか?

不満を言いつつも、内心は「実はもうこれでいい」と思っている、不実な自分ではないか?

など、考えるべきことは、人それぞれにたくさんあると思います。

不満のベクトルが自分に向き始めて、この思考が動き始めたときには、不満はあなたを成長へと導き始めているのに気がつくでしょう。

そして、必ずあなたの口からは、他者を非難する言葉、愚痴、責任転嫁の言い訳などの不満の言葉が消えていくはずです。