どんな香り?

投稿日:

自転車に乗っていましたら、ふわぁとよい香りが漂ってきました。

金木犀でした。

キライな人はあまりいないのではないかと思います。

風が吹くと、あたり一面、金木犀の香りが充満するんですね。

香りってステキですよね。

存在は目に見えないにも関わらず、その場と、その場にいる人たちに影響を及ぼしています。

ほっとさせたり、懐かしい想いにさせたり、食欲をわかせたり‥(笑)

話が変わりますけど、

昔々、幼稚園に勤めていた時のこと。

めっちゃ小さい幼稚園で、主任のベテラン教諭と住み込みで働いてたことがありました。

今の若い人からは、ブラックやわぁ‥といわれそうですが。

薄給ながら、住み込みということもあり、体力的には、全然きつくはありませんでした。(若かったから?)

仕事で遅くなっても、寝不足になることはないですし、夜遅くまで話し込んでも、あら!ですむし。

女子ふたり暮らし。

まあ、夜遅くまで、色んなことを話しましたねえ。

特に嫌なこともなく…とても充実した日々でした。

一緒に住んでいた主任の先生とは、いまだに年賀状の交換をしています。

その主任の先生の祈りの口癖が、

キリストの香りを放つ事ができますように

でした。

朝食は一緒に食べるのですが、そこで、キリストの香りを放つ者となりますようにーと祈って下さるわけです。

その言葉はいまだに、私の心のどこかに、根をおろしています。

キリストの香り—って、いったいどんな香りになるのでしょうか。

少なくとも、ひとつではなさそうです。私とあなたとは、同じではないでしょう。

風が吹いてくる—私を通り抜けた風はいま、どんな香りになったのかしらって、考えることがあります。

金木犀のようにいい香りだったらいいですね。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中