吾亦紅…われもこう…

投稿日:

吾亦紅という花

があるらしい。ずいぶん変わった名前なので、興味を持ちました。

日本古来からあるらしく、源氏物語にも出てくる花らしい、です。

花、それもバラ科の花らしいが、花というには、ずいぶん地味で、花弁もなく、赤茶っぽい楕円形の花で、「花なの?赤なの?」という、存在。

それに対して、いや「私も赤なのよ、私も花なのよ」ということで、「吾亦紅」というのだとか。

ドライフラワーにして、飾ったらとてもかわいい感じになりそう。(やったことないけど)

単品でもいいけど、他の花と一緒だとより引き立ちそう。(やったことないけど…(^^♪)

俗説では、「私もこうありたい」という憧れが込められている、というものもあるらしい。

花言葉は、移り行く日々、愛慕、明日への期待、憧れ…

いずれも秋風にゆれながら、咲く花のイメージですね。

こんな地味な花を見ていると、自分と重なり合って、共感します。

空き地で風に揺れながら、ひっそりと咲いている秋の花。地味すぎます?

とりあえず、自己主張もしてみる「私だって花なのよ、私だって赤なのよ」

でも、協調性もあって、みんなと一緒に飾られてよし。

「明日、私もこんな風になりたい」と秘かな情熱と憧れを抱いて、ひっそりと今日を生きている花。

いいなあ。

そんなことを感じた秋の日でした、とさ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中