ぼっち・・・孤独で悩んでおられる方へ(2)友情はどこで育つのか?

投稿日:

先日、「私には友達がいない」というお便りを頂きました。

「そうですね、友達と言うのはいるようでいて、なかなかいないものですね」と答えました。

私は常々、友は神から与えられる宝のようなものだと言っています。

それほど、友達は貴重な存在です。

娘が幼稚園に通っていた時には、いわゆる「ママ友」同士で、お茶を飲みながら、育児の悩みを分かち合ったり、愚痴をこぼしあったりしたこともありました。

共通の環境と共通の話題があるので、「ママ友」は生まれやすいと思います。

でも、環境が変わると、共通の話題もなくなり、それっきり・・・交流がなくなってしまう、ということが多いように思います。

「また会おうね!」と言って、以降,まったく連絡を取り合うことがない・・・

このようなパターンは、何と頻繁に起こることでしょうか?

こんな体験を何度も重ねると、人づきあいに淡白になっていきますよね。

「ずっと、友達でいようね!」とは言われますが、

恐らく、友情はそれ自体を目的として維持することは不可能なものです。

友情はどこで育つのでしょうか?

哲学的に考えると、友情は一種の愛です。

哲学が盛んだった古代ギリシヤ人たちの間では、愛には3つの言葉がありました。

エロス、フィリア、アガペー。

この分類は、的確で人間関係を考えるのに役立ちます。

エロスは、官能的な愛といわれますが、もう少し根本的に考えると、合一の衝動,一緒にいたい、と言うことです。

アガペーは、見返りを求めす、一方的に注ぎ込む愛です。博愛と訳されることもあります。

友だちの愛はフィリアにあたります。

お互いに、行き交う愛情です。愛し、愛される。

それが友愛と言われるものです。

友達が欲しい!というのは、この関係を築きたい、ということですね。

けれども、この温かい関係だけを願っても、そもそもそれは無理というか、形だけになってしまうのです。

友情は、お互いが重要と思える共通の作業をすることによって生まれ、成長するものです。

もし友達がほしいというのなら、奇妙な勧めですが、苦労している人のところへいって、一緒になって苦しんだらいいですよ、ということです。

まあ、こんな馬鹿げたことをする人はいないでしょうが、

しかし、一緒に重荷を背負う、一緒に苦労するというのは、なんと貴重でありがたい体験でしょうか。

友情はそこで生まれ育ちます。

キリストご自身は「友のために命を捨てる!これより大きな愛はない」と言われました。

そして、本当に馬鹿げたことをなさいました。

十字架の上で死なれたのです。私たちのまことの友となるためです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中