誕生日を憂える方へ

寒い日が続きますね。風邪が大流行で、娘のクラスはついに学級閉鎖になりました。

皆様、いかがおすごしでしょうか?

さて、2月は、私の周りに誕生日の方が多いのです。

母,義母、夫、夫の双子の弟、そして、娘!

そして、娘の誕生日は今日でございます。

本日、2月15日は、若者の間で根強い人気を誇るコーヒーショップS店が、SAKURAシリーズの販売をスタートする日です。

実は、娘の名前は「SAKURA」なんです。

そんなわけで、2月15日に、このSAKURAシリーズがスタートすると、春が近いなと感じると共に、娘の誕生をみんなが祝福してくれているような気がして、母はなんとなく嬉しい気になるのでした。

アホ?・・・

みんなに祝福されている?

自分の誕生日を、みんなに祝ってもらっていますか?

また、祝福されていると信じていますか?

今日は「誕生日を憂える方へ」という奇妙な宛名がついていますが、誕生日のことで暗くなることはありませんか?

誕生日なんて、こどもの時に祝うものであって、大人になった今は祝いもしないし、もう老年になったら、そんなモン来ない方がいい…そう思っている人もいるかもしれません。

とすると、大人になると誕生日は、加齢と老化の象徴であって祝うようなものではない、ということになるのでしょうか。

そうかな・・・でも、やっぱり、いのちを喜び感謝するために、誕生日は祝うべきものだと思います。

私は、78歳の誕生日を迎えた母に、やっぱり、お祝いの電話をかけました。

毎年のことなので、電話をかけると、向うから「ふふふ、誕生日でしょ?もう、いいわよ」と言ってきますが、

そこを、「いやいや、やっぱり、おめでとう!母でいてくれて、ありがとう!!」と言います。

あなたがいてくれて、ありがとう、うれしい、そう伝えたいです。

それが、誕生日のお祝いでしょう。

そうすると、照れながらも、「ありがとう」の言葉が返ってきます。

それから、FaceBookをしている人も多いと思いますが、アレには面白い機能がついていまして

誕生日を登録すると、お友達登録をしている人みんなに、「今日は○○さんの誕生日です。お祝いのメッセージを送りましょう!」というお知らせが来ます。

誕生日になると、色んな人からメッセージが届くわけです。

そこで、つい湧き上がってくるのは、「俺は友達が少ないな…」とか、「あいつよりも祝ってくれる人数が少ない…」いわゆる、自分は愛されていないのではないか的な、不信感とひがみのような感情。

せっかくの誕生日に、こんな気持ちになるのは、さびしいですね。でも、

信じてください、あなたは尊い存在です!たったひとつしかない、かけがえのない命を、「あなた」という形で生きておられます。

愛される存在として、この地上に生まれてこられたのですから、どうか、自信を持って下さい。

そして、自分の誕生日を心から喜んでください。

それでも、だれも、誕生日を祝ってくれない,と言う方がおられたら、私に誕生日を教えて下さい。

誕生日のお祝いメッセージを送ります。

そうそう、こぐま社という出版社をご存知ですか?

「しろくまちゃん」シリーズなど、幼児向けの本を作っている本屋さんです。

娘にこぐま社の本を買ってあげました。

そうしたら、誕生日を登録してください、って言うんです。

10歳の誕生日まで、誕生日カードを送りますから、って。

ホントに、10年間送って下さいました。

嬉しかったです。

そして、最後の10歳のお祝いメッセージには手紙がついていて、「他の小さいお友達に、このサービスを譲ってもらえませんか?」とかいてありました。

そうですね、祝福の言葉は受けたら、ひとりじめするものではなく、次へお渡しすべきものですね。

だから、私も、そうしたいと思います。

自分の誕生日を、自分の生を祝福して欲しいのに、祝福の声が聞こえない、そういう人がおられましたら、どうぞ、ご連絡ください。

祝福のメッセージをお届けします。

上のメニュー「お問い合わせ」からどうぞ。

2件のコメント 追加

  1. 仙浪壽子 より:

    さくらちゃん10歳のお誕生日おめでとう。主の祝福に包まれて元気に成長なさってるご様子何よりです。ちなみに今日27日は夫の74歳の誕生日です。夕餉に夫の好物の数々を作り二人でお祝をしました。娘たちや孫たちからも祝いの電話が入り、嬉しそうでした。「愛される存在としてこの地上に生まれた」とは、なんて温かい言葉なのでしょう。主のご加護のもと健康でお互い助け合い、お互いを大事に思いやりながら過ごしていきたいと思います。そして今の幸せを主に感謝してます。ではまた。ごきげんよう。

    いいね: 1人

    1. やまだ より:

      お誕生日おめでとうございます!
      神様からの愛がわかれば、人をホントに尊び、愛することができるようになるのですね。祝福をお祈りしております。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中