葬儀でお悩みの方へ

「お葬式してもらえませんか?」

そんな、依頼を頂くことがあります。

恐らく、このブログを読んでいる人の多くは、自分の葬式の心配をしている人ではなく、

自分の親の葬儀をどうしたらいいか、と考える人たちだと思います。

高齢化社会が進んで、

(これは、多くの人が長生きできる社会になったということなので、ある面、とても幸いなことと言えます。

タイで、インドネシアで、90歳まで生きる、ということは、一般的なことではありません。

とても、稀なことです。

また、ある国では、子供たちの夢は、「大人になること!」だったりします。

そう考えると、長く生きることがゆるされている社会というのは、とってもありがたいだと言えます。

話しを元にもどして…)

日本では、高齢化社会が進んで、定年退職してからの人生が長くなっていますので、介護費用や入院費用などで貯蓄や年金を使い果たしてしまって、もう葬式を挙げるお金はない、と言う人も少なくないと思います。

そういう事情を反映してでしょう、お葬式は質素に、もう家族だけで結構です、という「家族葬」をご希望される方が、近年増えているように思います。

まして、子どもが生まれたら宮参りに行き、正月には初詣、節分には恵方を向いてすしを食べ、盆にはご先祖様を迎えて夏休みを過ごし…結婚式はキリスト教で、そして、葬式はどこかのお寺で…と、これと言った宗旨を持たない家が多い日本です、もうなるべくお金はかけないで!となるのは、必然ではないでしょうか。

しかし、どうも、お寺に払う戒名の代金が高すぎて納得できない、それに、本当にもうお金も残っていない…そんな話しを耳にします。

さて、どうしたものでしょうか?

キリスト教では、お金をたくさん払ったら、故人が成仏して(?)=救われて、天国に入れるというような教えはありません。

ですから、教会で営まれる葬儀の費用というのは、みな実費です。

うちの教会の場合、使用料や人件費、みな役員会で決められています。

たとえ、当教会の教会員でなかったとしても、冒頭のように「葬式してもらえませんか?」という依頼があり、私たちが行う葬儀のしきたりに賛成して頂けるならば、いつも、お引き受けしています。

けれども、

葬儀はお金で買うサービスではありません

もうひとつ加えて言うならば、葬儀はお金で買うサービスではありません。

「高い料金を支払ったのだから、悲しみの中にある我々に仕えるべきだ」というような考えは、どうか、ご遠慮頂きたいと思います。

キリスト教の葬儀は、神に礼拝(=サービス)を捧げつつ営まれまれます。

言い換えれば、サービスすべき対象は神なのです。

葬儀の主人公は、故人でもありません。

故人の業績が並べ立てられるということもありません。

故人にいのちを与え、故人を愛し、共に生きてくださり、多くの恵みを与えて下さった神をほめたたえつつ、故人を偲び、今日与えられている自らのいのちについて思いをめぐらします。

そして、必ず、聖書が朗読されて、説教がなされます。

まさしく、悲しい日、悩んだ日に聴くべき言葉を、葬儀で聴きます。

私も何度も葬儀で、故人を偲びつつ、聖書の言葉を聴いてきました。

また、時には自分自身も語って参りました。

「高い料金を支払ったのだから、悲しみの中にある我々に仕えるべきだ」という思いを遙かに超える力強い慰めが、そこにはあります。

昨年は2回の葬儀がありました。いずれも、家族葬で、お身内の方々だけでの葬儀でした。

手前味噌で、恐縮ですが、

葬儀が終わった後、ご遺族の方が、こういわれました。

「こんなに、いいお話が聴けるのなら、家族だけでなんて言わないで、近所の人にもお友達にも来てもらえばよかった・・・」そう言われ、びっくりしました。

葬儀はお金をかけたからいいとか、お金をかけなかったからいい、というようなものではありません。

愛する人との地上での最後の営みです。

最善のお別れの時が備えられますように、お祈りいたします。

葬儀でお悩みの方へ」への2件のフィードバック

  1. 今日のお話はを伺い、心強い限りです。うちの場合どちらが先になるかわかりませんが、残された者は戸惑うだろうと思います。これから先がだいたい数えられるような年になってきているので、夫と話し合っておかなくてはと思います。

    いいね: 1人

    • この間、テレビ番組「カンブリア宮殿」で、在宅介護で最期を看取る働きをしている医師を紹介していました。大変興味深いお話でした。
      住み慣れた家で、また親しい人たちに囲まれて、最期を迎えたいと思っている方が多いと思いますが、自宅で最期を迎えられる人は、わずか1割に過ぎません。もし、病気になったら、自分がどうしたいか、明確で具体的な考えをもっていないと、流されるように、貴重な家族との最期の時間が過ぎていってしまう・・・と医師の安井さんが話しておられました。
      家族との日頃からの会話が大切だなあ、と思いました。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中