まだ使われていない秘められた力がある!

おひさしぶりです、山田です。

言い訳がましいですが、今週、ほぼ五十肩、そして激しい筋肉痛に苦しんでおりました。

えっ、五十肩?、ええっ?筋肉痛??

謎が深まります・・・

やまだとは何者なのか?

私、四捨五入すると、紛れもなく、50ですね。

今までは時間の合間をみては、好きだった踊りを続けて、近所のバレエ教室に通っていました。

でも、最近はあまりにも忙しく、ほとんど行けなくなってしまいました。

おそらく、運動不足が原因でしょう、五十肩になってしまったのでした。

肩甲骨の内側の辺りが痛くて、手も上がらない、首も回らない、と言う状態でした。

この運動不足をなんとか解消すべく、最近流行りのヨガ教室とやらを覗いてみたところ、「ブーティーバー」というクラスを見つけて、「なんか楽しそう!」と思って参加してみたんです。

その結果が、筋肉痛です、それもハンパない筋肉痛。

学生の時はバリバリの体育会(教育学部・中学校教員養成課程の保健体育専攻で、頭まで筋肉と言われていた人間でした)。

なので、毎日、運動三昧。

そして、50に近いとは言え、バレエのお稽古にも週1程度は通って、鍛錬しているつもりでした。

職場では毎日、立ち仕事で、重いものの持ち運びもしてましたので、体力には自信がありました!

それが、見事に崩れ去りました。

完全に、敗北です…

気合の入った、むっちゃ元気のいいインストラクターのお姉さんに言われるままにやってみましたが、1時間ついていけませんでした。(涙)

そして、後に残ったのが、すさまじい筋肉痛。

夜中に、寝返りを打とうとすると、痛くて目が覚めるんですよ。

自分でも、「うそだろ~」って思いました。

とほほ、です。

近頃、インナーマッスルを鍛えると良いっていうのが、流行ってますよね。

インナーマッスルを鍛えることで、姿勢が良くなるとか、ダイエット効果がある、とかあちらこちらで言われています。

「ブーティーバー」なるもの、どうも、そのインナーマッスルを刺激したようです。

インナーマッスルというのは、「インナー」と言う言葉が示しているとおり、体表面ではなく、体の内部・深部にある筋肉のことです。

外側からは観察したり、触ったりすることの出来ない筋肉群のことです。

これらは、おおよそ特別な意識をもってしないと動かないし、普通の筋トレとかでは使わない筋肉です。

どうやら、そこをかなり刺激したらしいのです。

ほんとに、痛かった。

しかし、しかし!

筋肉痛に苛まれながらも、嬉しい発見もしました。

「私には、まだ使われていない筋肉群(=力)が眠っている!」

ということです。物は考え様といえば、それまでですがね。

「あなたには、外からは見えないけれど、内に秘められた力が眠っている」、と言われたら、何だか勇気づけられませんか?

しかも、その鍛錬は、非常に効果があるといわれている…

ちなみに、脳細胞は一生涯かけても、その半分も使わないままに終わる、と言うことを聞いたこともあります。

私たちのうちには、まだまだ使われていない秘められた力が存在するのですね。

自分では、もう十分に鍛えている、頑張っている、熟達していると思っているかもしれません。

でも、気がついていない能力、まったく活用していない力が、けっこうあるようです。

だから、自分を見限るのは、絶対にやめましょう。

神様も、私たちを素晴らしい存在として、お創りくださったのですから。

まだ使われていない秘められた力がある!」への2件のフィードバック

  1. いつも楽しく拝読させていただいてます。五十肩にはまだ早いとは思いますが、大丈夫ですか。頑張りすぎず、ほどよく休むのも大事ですよ。まだまだ寒さ厳しいですからお体お大事になさってね。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中