心も体も元気になる食事

やまだです。

学生さん、児童・生徒のみなさんは、まだまだ冬休みかな。

受験生にとってはまったく気が抜けない冬休み…がんばれ~!

社会人の皆様は、お仕事が始まった人も多いと思います。

お正月休みは、ゆっくり休めましたか?

で、今回のお休みで、ちょっと嬉しかったことを、シェアします。

元気になる農場レストラン

地元・西宮に昨年(おっと、もうおととしになるか)、新しいレストランができました。

そのレストランは、私が以前住んでいた伊賀の里に本店がある自然派レストラン。

このお店はビュッフェスタイルで、皿の上には、すべて、その農場で栽培・収穫・加工したものが並ぶ。

野菜は、「3分まで地面で生えてたんじゃないの?」と思われるほどの新鮮さ。

ソーセージもすべて自前だ。

「元気になる農場レストラン」という看板を掲げている。

自分たちで全部つくるから、農業の大切さ、食べることの大切さを、伝えたい…

そんなお店だ。

近所に出来たんで、絶対行こう!と思いつつも、一年が過ぎていました。

で、この休みに家族と初めて行ったのでした。

「いらっしゃいませ」と若い店員さんが明るく迎えてくれました。

「こちらのお店は初めてのご利用ですか?」と言うので、

「ここは初めてなんですけど、本店に1回行ったことがあります。こちらに、新しく出来たんでずっと来たいと思っていたんです」、と言ったら、

「ええっ?あちらに住んでいたんですか?羨ましい!」と店員さん。

この店員さんが、正社員なのか、パートタイマーのアルバイトなのか分からないが、「羨ましい」というからにはは、本店での営みとこの店で出している食事に、自信と憧れを持っているにちがいない。

特別な思い入れがなければ、こんな言葉はすぐには出てこない。

お店は、平日で比較的すいていたので、時間制限なしで、どうぞ、ということで、店員さんは立ち去った。

さっそく、「おいしい、おいしい」を連発しながらの食事が始まり、

その後、会計の伝票がテーブルの上に置かれた。

小学5年の娘に、大ウケ。

周囲のテーブルに置かれた伝票をちらりと見ると、これは店の定番サービスではないようで、

挿絵つきメッセージはうちだけのようだった。

店員さんの心が伝わってくる伝票でした。

お料理は、本当に美味しくて申し分なかった上に、

生産者さんから、お料理する人、販売する人の熱意が伝わってくる食事のひと時でした。

お食事は、体の栄養補給以上のものですね。

心も体も元気になりました、ありがとうございます!

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中