2016年の言葉―ポスト・トゥルース

やまだです。

いまさら、言うのも恥ずかしいくらいのタイミングですが、

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

2016年の12月31日と2017年1月1日は、くっついているんですが、

ものすごい断裂があるのを感じますね。

2016年のことを書こうとすると、ものすごい抵抗がありますが…

下書きに入っていたし、これについては、やっぱり書いておきたい。

2016年の言葉―ポスト・トゥルース

本当に、古臭い話ですが、

今年の世相を表す言葉、年末になるとにぎやかに報道されてましたね。

2016年は、「保育園落ちた、日本死ね」が物議をかもしだしていました。

賛否両論ありましたが、悲しい言葉だと思いました。

京都のお寺は、「金」を選びました。毎年、見事な文字で関心します。

外国でもあるんですよ、このようなものが。

イギリスの辞典で有名なオックスフォードが選ぶ、今年の言葉というのがあります。

2016年の言葉は、post-truth(ポスト・トゥルース)になったそうです。

そのまま訳せば、真理に取って代わるもの、ぐらいの意味でしょうか。

ちょっと、聞きなれない英単語ですよね。

ポスト・トゥルースというのは、

「世論形成において客観的事実よりも感情や信念へのアピールが影響力を持つ状況」

と定義されています。

なるほど、事実よりも、個人の感情や信念のほうが、世論形成において優位に働く、ということでしょう。

もし、「事実なんかどうでもいい、俺の言ってることが正しいんだぜぃw」

みたいな人が、強力なオーラ放ってて、支配的な雰囲気だったら怖いです…

いわゆる、熱狂的な空気です。

この言葉は、2015年よりも20倍の頻度で使われ、

特に、米国大統領選挙と英国のEU離脱を報じる文脈の中で多用されたそうです。

古典的なマスメディアの主張として、「熱狂の中、米国大統領は選ばれ、EU離脱が決まった」と言いたい。

世界は熱狂的で、いよいよ危ない、って。

そうかもしれませんが、、、

真理の基準ってなんですか?

皆さん、自分の行動を決めるときに何をものさしにしますか?

マスメディアですか?ソーシャルネットワークですか?それとも…?

真理を見分けるというのは、はっきり言って至難のわざです。

客観的事実なんていっても、そのものさしとなる基準はひとつではないわけですから、真理をとらえるのは一筋縄には行かないものです。

テレビが言っていることが、全部本当だと思うのは、とっても危険です。

あれらは、ある人が作り出したものですから、ある人たちの主張として聴くのがちょうどいいでしょう。

では、誰でも自由に発言できるSNSなら真実味を帯びるのか。

時にはデマも流れて大変なことになりますよね。

熊本地震の時に、動物園からライオンが逃げたというデマ情報をツィート人がいて、

あっという間に拡散して、大混乱になりました。

「隣人を守りたい」という、人々の良心が裏目に出た、ポスト・トゥルース現象のひとつだったと思います。

2017年は、もはやポスト・トゥルースの時代なのか?

「事実なんかどうでもいい」という乱暴な考え方の人は、まだまだ少ないと思います。

やはり、改竄された情報ではなく、誠実な観察に基づくデータというのは、力を持っていると信じます。

人々は、真理に触れれば、心の向きを変える用意があると思います。

世の中、まだまだ、捨てたもんじゃないぜぃ。

ですが、社会を形づくる私たちは、真理を見分ける目をいつも磨くことが大切です。

この一年、このことを心に留めたいと思います。

「真理は我らを自由にする」。

お写真は、国立国会図書館の貸し出し・返却コーナーの上にかかっているものです。

もし、これが国会図書館から外されるようなことがあったら、いよいよ、ポストトゥルースの時代の到来でしょ。

これは、驚くことに、聖書に由来する言葉でもあります。

主イエスは、「私は真理だ」といい、「真理はあなたがたを自由にする」と仰いました。

真理こそ、まことの自由を与えるものです。

真理を押しのけて、ひとりよがりな主張がまかり通ることがないように、目を醒ましておきたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中