将来のことが心配な方へ―一寸先は・・・闇それとも光?

将来のことをあれこれ考えて心配する性質ですか?

「今日の夕飯は何にしようかな?」

「明日の予定はどうなっているのかな?」

「私の1年後はどうなっている?はたまた老後は・・・?」

人は、誰でも、今より先のことを考えながら生きています。

ただ、心配の度合いというのは人それぞれにあるかと思います。

それでも、右に行こうか、左に行こうか、いつも決断を迫られながら生きているといえます。

つまり、私たちの目の前には分かれ道が出てくるわけです。

右に行ったらどんな道があるか、左に行ったらどうなるか・・・それは道行く人には隠されているわけですから、不安が募るわけです。

不安を取り除くために占いやお祓いに行きますか?

日本人の約7割は、「自分は信仰をもっていない」と言うそうですが、

自分の将来について、居たたまれないほどの不安に苛まれると、

神社のおみくじを引きに行ったり、占い師を訪ねたり、お祓いに行ったりすることはよくあるようです。

不安というのは、宗教的行動へと駆り立てるものです。

ですから、知らず知らずのうちに、宗教的行動をとりながらも、「自分は無宗教だ」と思っている人が、多いのではないかと思います。

ところが、

キリスト教会の信仰では、占いは厳禁です。

旧約聖書によれば、占いをする人は厳罰に処せられ、占い師はイスラエルの民から追放せよ、と厳しく命じられています。書くのも、憚られるほどの厳しいもので…

「教会にだって、朝のTVでやっている、今日の運勢みたいなのを見てくる人もいるし、そんなに、厳しく言わなくっても・・・」と思うくらいの断罪ぶりです。

なぜ、占い師や霊媒師は、キリスト教信仰には不要なのでしょうか?

それは、宗教的な節操からでしょう。

つまり、浮気はしない。

キリスト教信仰というのは、ひとすじなところがあります。

占いを禁じるのは、世界を創られ、あなたを創られ、あなたを救われる神だけを信じなさい、というメッセージそのものです。

そして、「浮気はするな、私を信じて、私を愛せよ」とお命じになる神は、こう言われます。

「私があなたがたのために立てている計画をよく知っている。それは、わざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」

力強い約束です。この聖書の言葉に力づけられて、信仰をもった人も多いです。

でも、信仰をもった人は、ちょいと先の将来が明かされて、不安が消えた…というわけではないのです。

将来に起こるべきことは、相変わらず伏せられたままでしたが、

未来への思い煩いからは解放されて、今日を力いっぱい生きることにシフトしたのです。

この神に信頼して生きるなら、一寸先は闇ではなく、光である!ということが確信できたからです。

将来が見えない、というのはよいことです。

それは無限の可能性が広がっている、というしるしです。

そして、その将来は、神がよく知っていて下さいます。

神さまの平安があなたと共にありますように。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中