自分を変える一寸の時間

お香との出会い

昨年の夏、9歳の娘と、お線香にはまりました。

随分、老けた趣味だわね…という感じですが(笑)

「蚊取り線香に火をつけた~い!」という火遊びレベルから始まって、

実家に帰ったときに仏壇の前にあった、お線香の香りに誘われて、

色々なアロマがついたカラフルなお線香たちに興味を持った、というわけです。

アロマセラピーは今でも大流行ですし、日本には聞香という文化もあります。

なかなか奥深い世界で、私も興味を持ちました。

プロテスタント教会とお香

私が所属するプロテスタント教会(新教)の宗教儀式の中でお香を焚くというのは、見たことがありません。

(もしかすると、生い立ち的にカトリック=旧教に一番近い、聖公会とかルター派の教会では、お香を焚く場面があるのかもしれません。今度、知り合いの牧師に確かめてみよう…)

でも、ぐるりと見渡すと、宗教儀式の中で、香を焚くのはよく見られます。

仏壇にお線香をお供えするのはもちろん、カトリック教会でも、ギリシヤ正教会でも香を焚きます。

旧約聖書の中では、祭司は香を焚くことを永遠の定めとさえされています。

我々、プロテスタント人は、「抵抗する人」と言う意味で、とても理知的なところがあるので、

「煙にまかれるような信仰」に抵抗して、香を焚くのを止めたのかもしれません。

これは、これは私の勝手な想像ですが。

と言うわけで、今まで、私はお香とは全く縁がなかったのです。

お線香1本分の祈り

色々と興味を持ったのですが、まず気になったのが、お線香の燃焼時間です。

一般に売られている短寸と呼ばれるお線香の燃焼時間は25分です。

香りはどのようなものであっても、どれもこれも25分です。

これは何を意味しているのでしょうか?

25分間、お仏壇の前で手を合わせることが求められているのだそうです。

これは、慌しい日常から離れて、雑念が鎮まり、祈りに集中するまで、おおよそ25分はかかる、と言うことでしょう。

これは、たとえ宗旨が違っても、人間の心の動きとしては共通することではないかと思います。

試しに使ってみましたが、程よい時間でした。

座って、雑念を鎮めて、神の言葉である聖書に集中して、祈る―ちょうどお線香1本分!

おまけによい香りがあると、集中する助けにもなる。

というわけで、お線香は優れものです。

おまけに、昨今の忙しい生活に配慮して、ミニというサイズかあって、これはすべて15分です。

忙しい朝に、25分も座るのは無理だが、15分なら…ということで作られたそうです。

これらのことは、恐らく、仏教の僧侶たちの知恵と経験の産物だと思いました。

25分(または15分)の祈りがもたらすもの

毎日、この時間をもつことでもたらされる益があると思います。

昨日「不満を持つ方へ」で書いた、自己省察の助けにもなります。

すでに信仰をもっている人であるならば、その信仰を強め、成長へと導く大切な時間であるはずです。

祈るということは、神さまの前に出ているわけですから、日曜日と同じように、本当の自分を取り戻す聖なる時間でもあります。

お線香1本分の時間を神に祈ることで、私たちの人生は確実に豊かにされていきます。

悩みがある時はもちろん、日々このような時間を持ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中