不満がある方へ

あなたの回りに、いつもボヤいている人はいませんか?

何かにつけて、不満の多い人…です。

女子会やママ友の集まりなど、親密なところで、共感できる愚痴のこぼし合いになる場合はいいですが、不満の多い人は、およそ敬遠されますね。

でも、私は、不満の多い人の話を聞いていると思うんです、

「相手の欠点に、よくそんなに気がつくなあ」って。

ほぼ、感心します。

私って、ぼんやりしすぎでしょうか?

不満があるということ=悪 ではないと思います。

不満があるというのは、今の状態には満足できないということであって、理想や向上心がなければ生まれてこないものです。ですから、大いなる成長の可能性を秘めている、ということではないでしょうか。

ただ、その不満のベクトル(方向)がどこに向かうかということが、重要だと思います。

誰かのせい?

今、あなたが抱いている不満のベクトルはどこを向いていますか?

不満の矛先が、他の人や環境など、外に向いているときは、あなたの口から出てくる言葉は、他の人を攻撃する言葉だったり、責任転嫁の言い訳に聞こえたり、周囲からはかなり聞き苦しい言葉が多いでしょう。

〇〇のせい! とか、

あの時、〇〇があったからだめだった、という言葉です。

この言葉を使い続けている限りは、不満はなくならないばかりか、せっかくの成長の機会を失っていると言えます。

変えるべきは自分自身

誰かのせい、なにかのせいにしても、事態は変わりません。

人は何といっても、傷つきたくありませんから、自分が悪いということは、本能的に避けてしまうものです。

ですから、何かしらに責任転嫁をしながら、不満を言い続けるというのは、よくあることです。

でも、正直に、その不満な状況から脱出したいのなら、自分を変えることです。

他者を変えようとするのではなく、自分を変えることです。

仮に、100歩譲って、この不満な現在の状況が誰かのせいであることが、100人の口によって断言され、裁判官によってそのように判決が下されたとしましょう。

しかし、状況は同じです。

自分の人生は、自分で生きていくしかないのです。

ましてや、完全無欠であるはずのない私です。

自分を変えることによって、状況はいくらでも改善していくはずです。

傷つくのは嫌だけど…

自分の過ちも認めましょう。

これは勇気が要りますね。でも、誰かに聞かせるような反省文を発表する必要はないのですから、気楽に自分を振り返ったらよいと思います。

不満のベクトルを自分に向けて、自分を変えるのです。

できることで、やっていないことはないか?

やらずに、あきらめてしまっていることはないか?

ひとりで奮闘しているつもりになって、自分で協力を拒んでいないか?

不満を言いつつも、内心は「実はもうこれでいい」と思っている、不実な自分ではないか?

など、考えるべきことは、人それぞれにたくさんあると思います。

不満のベクトルが自分に向き始めて、この思考が動き始めたときには、不満はあなたを成長へと導き始めているのに気がつくでしょう。

そして、必ずあなたの口からは、他者を非難する言葉、愚痴、責任転嫁の言い訳などの不満の言葉が消えていくはずです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中