かけっこが遅いあなたへ

山田です。

運動会シーズンもようやく終わったね。次は音楽会とか図工展とか。二学期は慌ただしいよね。

特に、運動会はおつかれさま~(゚▽゚)/と言いたいです。

走るのが早いとか、運動が得意という人にとっては、運動会は活躍の舞台だし、楽しくて充実していたことでしょう。

でも、走るのが遅かったり、運動が苦手だったりする人にとっては、結構、憂鬱な毎日だったんじゃないかな?

あたし、走るの、学年で一番遅いんだよ…(涙)

教会学校に来ている女の子がポツリと言った。よく、話しを聞いてみると、昔のように、走るのが速い子がリレー選手に選ばれて走るのではなく、赤白対抗で、全員がチームに分かれて走るのだそう。

そして、走るのが遅い彼女は、完全にチームの足をひっぱっていて、みんなから冷たくあしらわれているのだそうで。

今週も、リレーの練習のたびに、「お前真面目に走ってるのかよ」、「これから、運動場3周走って来い!」と仲間から言われたそうです。

「真面目に走っているのに、一生懸命走っているのに、どうしても、スピードが出ない―」

確かに、短距離走は分け与えられた才能によって、結果が決まってくるようなところがあって、練習しても上達するような類のものではないですよね。

毎度毎度、これは過酷だな、それも小学校でリレー競技が始まってから、毎年繰り返されるのだから、なかなか大変だなと、深く同情いたしました。

でも、その女の子の話を聞いた時には、ろくなことが言えませんでした。

「かけっこはね、練習してもなかなか速くなれないのよね。

だから、無理しなくて大丈夫よ、

そのまま、走ったらいいんだよ。

あなたがいるおかげで、花形の子や一番の子も存在するわけだから」。

なんて! ほんとにわけのわからんことを言って返しました。

当日・・・

バトンはビリで回ってきて、一所懸命走って、ビリで渡した。

赤白対抗戦も、5年連続、今年も負けた。

と言う具合で、運動会は終わったらしい。

数日後 「唯一無二の味」

私は輸入食品の販売店でアルバイトをしているのだが、

ワインコーナーで、一本のワイに付けられたコメントに目が留まった。

「おいおい、牧師さんなのに、お酒、飲んでいいの?お酒売っていいの?」

という声が聞こえてきそうですが、イエス様も地上で生を営まれていた時、ワインを飲んでおられました。

でも、きよめ派の人たちの伝統にはそぐわないでしょうね。

さて、

アンリ・エーラール・ゲヴェルツトラミネール「唯一無二の味」。

酒販担当のスタッフが書いたものだ。

名前からして変わったワインなのだが、味も香りも、ラ・フランスのような、ライチのような独特な風合いの品だ。

ワインはビンテージ(ワインを醸造した年)によっても味が結構ちがう。農産物なので、ひとつとして同じものはないのだ。

人間だって同じでしょ?

かけっこの遅い彼女は、晩秋になると出回るラ・フランスが好物だと言っていたのを思い出し、絵手紙を書くことにした。

走るのが遅いからって、泣かなくていいんだよ。

みんな、それぞれの味があるんだから。

あなたも、いい味してるんだよ!

山田晃美より

◇◆つづく◆◇

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中